水族館劇場

水族館劇場

昭和の終わりに創設された野外劇の役者徒党。中世河原者の系譜にみずからを位置づけ、1987年より芝居の坐を全国に建立開始。野戰攻城と名付ける野外公演は建築資材を援用し、サーカス天幕のような巨大な仮設小屋を役者自身で建込む。劇場構造も公演の都度あたらしく考案される。三基の回転舞台と廻り舞台ごとスライドする機構が、奥行6メートル×幅7メートル×深さ1メートルの巨大水槽の上に設えられる。

顔見卋と呼ばれる入場前の劇場外芝居からスペクタクルシーンを全開してゆく。クレーンを使って夜空に役者をのせた飛行船や複葉機をとばし、空中ブランコ、綱渡り、火吹きなどを披露。劇場内で幕が落とされてからも、観覧車や回転木馬が登場、花道をつらぬいて走るトロッコや吊り落とされる鉱山列車など、ルナパーク的なメラヴィリアがつぎからつぎへ展開される。白眉はラストに2~3トンの水が天空から落ちてくる屋台崩し。このシーンは再演をしない野戰攻城のなかで定番になっている。座付作家である桃山邑が書下す台本は藝能と神話を往還しながらアクチュアリティーにみちた暗喩的世界観を見る者にさしだす。いわゆる小劇場的な演劇観とまったく無縁な場所から出立し、他のどこにもない芝居空間を創出する。あらゆる演劇潮流とは別の活動をつづけていた役者徒党を最初に世に認知させたのは早稲田演劇博物館の学芸員だった梅山いつき。当時無名だった水族館劇場を博物館内に展示する断をくだし、呼応した学魔・高山宏を複葉機に載せて観客の頭上に飛ばすという演出を桃山が考えた。この頃より支援者の裾野がひろがり始める。2017ヨコハマトリエンナーレでは当時の横浜美術館長・逢坂恵理子の要請にこたえ、日雇労働者の街、寿町で会田誠・岡本光博をはじめ美術家と空族・布川徹郎の映画上映、田中純、田中優子、野本三吉らの講演を芝居公演とからませた一大ページェント「盜賊たちのるなぱあく」を展開。行政サイドとぶつかりながら最終的に絶賛される。

2019花園神社「搖れる大地」では頭脳警察・PANTAが音楽を担当。結成50周年をむかえるバンドのコンサートを特別野外舞台で開催した。その年の夏には、翠羅臼・渋さ知らズと混成旅団を組み、沖繩・辺野古基地ゲート前でさすらい姉妹路上芝居を敢行。野戰攻城と呼ばれる野外劇上演のたびに全国よりいろんな技能を持つ芝居者が駆けつけて数十人のメンバーで野戰攻城を展開している。


メンバー

桃山邑

代表。座付作者。演出担当。

千代次
創設メンバーのひとり。主演女優。さすらい姉妹座長。

風兄宇内
東京軍艦島(95)より合流。千代次とならぶ看板役者。

秋浜立
第三期(15~)より参画。現在の野戰攻城棟梁。

臼井星絢
第一期(~05)メンバー。最初の旅興行(92)より参画。車輛担当。

淺野雅英
第一期より役者参画。現在美術監督。

七ツ森左門
第二期(~14)合流。大道具担当。

松林彩
第一期デビュー。第三期より本格合流。音響担当。

石井理加
第三期さすらい姉妹でデビュー。小道具、ホームページ担当。

山本紗由
第二期にバイオリニストとして参画。芸濃町公演を機に正式メンバーに。音楽担当。

増田千珠
第二期デビュー。現在リハビリ中。

藤井七星
2021年、さすらい姉妹でデビュー。劇団最年少。

準メンバー

津田三朗  旗揚げ(博多水上公園)からの盟友。特殊造形。
赫十牙   第一期オリジナルメンバー。水の罠(89)でデビュー。
伊藤裕作  第三期芸濃町公演の仕掛け人。広報担当。
羽鳥和芳  あらかじめ喪われた世界(13)より合流。
田邊茂男  芸濃町公演に合流。舞台裏方、音響担当。
居原田遥  盜賊たちのるなぱあく(17)スタッフ。沖繩公演(19)制作。
日高良祐  望郷オルフェ(18)で役者デビュー。映像スタッフ。
癸生川栄  アウトオブトリエンナーレに合流。冒険ぴいたん(18)でデビュー。
癸生川鳩  搖れる大地(19)で初舞台。最年少役者。
杉原克彦  搖れる大地に合流。現舞台監督。
千葉大二郎 搖れる大地で役者デビュー。看板絵師。
小林直樹  海を越える蝶(19)でデビュー。映像スタッフ。
伊丹宗丞  乾船渠八号(20)より参画。照明担当。
菅生衣里子 乾船渠八号で代役デビュー。木戸担当。